福島産 大玉 蜂屋柿(あんぽ柿用渋柿)約10kg(約30〜35個前後)

¥ 3,980 (税込)

※下記事項を必ずご確認の上、ご注文ください。
25年度より一部地域において、あんぽ柿(干柿)の製造が再開され、個別検査により安全性を確認されたあんぽ柿(干柿)を出荷しております。 あんぽ柿(干柿)に加工した場合、柿の実を乾燥させるため水分量が減り、 セシウムの濃度が3、4倍程度に濃縮させる可能性がある為の措置となっております。

しかし、ご家庭では干柿に加工した物を検査できません。この為、当店ではあんぽ柿(干柿)用として蜂屋柿の販売を自粛しております。

干柿用の蜂屋柿販売自粛の件をご理解頂いたき、熟し柿や渋抜き柿用にご購入をご希望される方には販売可能です。
ご購入はこちら→https://idumiya-net.com/product-category/hachiya-kaki-dashibu/

 

◆内  容◆福島産 大玉 蜂屋柿(渋柿)約10kg(約30~35個前後)入×1箱
◆賞味期限◆到着後は速やかに加工してください。
◆お届け日◆11月中旬~下旬発送予定の予約販売です。(天候によりお届け期間が前後します。)
◆送  料◆本州、北海道は送料無料。四国、九州は送料500円。沖縄県、離島は別途送料がかかります。
※ご注文時・自動配信メールでは送料無料となっておりますが、当店からの受注確認メールで送料を訂正いたします。
◆着日指定◆着日を指定することはできません。
◆加工用途◆○焼酎で渋抜き ○そのまま放置して熟し柿

在庫切れ

商品コード: hc03-10k-30-35 カテゴリー:

説明

idumiya
idumiya
idumiya
idumiya
Slider

 

ご購入の前に本ページの
「ご購入時のご注意」を
お読み下さい。
蜂屋柿は別なページで販売しております。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

注意:本年度の蜂屋柿の販売について
 

25年度より一部地域において、あんぽ柿(干柿)の製造が再開され、個別検査により安全性を確認されたあんぽ柿(干柿)を出荷しております。 あんぽ柿(干柿)に加工した場合、柿の実を乾燥させるため水分量が減り、 セシウムの濃度が3、4倍程度に濃縮させる可能性がある為の措置となって おります。


生の蜂屋柿自体は基準値以下で食品衛生法に基づく規制の対象となっておりませんので 生の蜂屋柿の販売は可能です。しかし、ご家庭では干柿に加工した状態で個別に検査できません。この為、当店ではあんぽ柿(干柿)用として蜂屋柿の販売を自粛しております。 干柿作りを楽しみにていたお客様には大変申し訳ございませんが御理解願います。

 

なお、干柿用の蜂屋柿販売自粛の件をご理解頂いた方で、熟し柿や渋抜き柿用にご購入をご希望される方には販売可能です。

 

ご予約販売は下記のページから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://idumiya-net.com/product-category/hachiya-kaki-dashibu/

 

福島の冬を彩る黄色のカーテン
あんぽ柿 発祥の地

冬の黄色のカーテン あんぽ柿

 


あんぽ柿 発祥の地として名高い
『福島のあんぽ柿』は
羊羹のような柔らかい
独特の食感!!
福島の気候と風土が作り出した
本家本物のあんぽ柿!!
 

トロトロ ねっとり あんぽ柿

 


福島のあんぽ柿は渋柿の
蜂屋(はちや)柿
から作られています。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

蜂屋柿(渋柿)

 

収穫された蜂屋柿は

心棒を残し皮をむきます。

 

干し柿用に皮をむいた柿

 

 

蜂屋柿(はちや柿)の心棒を

縄に引っ掛けて吊るし、

天日で乾燥させて作られます。

 

 

あんぽ柿を作る家々は

一面 黄色い干し柿のカーテンに覆われ、

福島の冬の訪れを思わせる風物詩!!

 

 

福島の冬の風物詩 干し柿 あんぽ柿

 

 

そして

福島名産あんぽ柿

のできあがり!!

 

干し柿 吊るし柿 あんぽ柿

 

 

当店『いづみ屋』から車で30分走ると、そこには、 あんぽ柿の里「梁川町」があります。毎年 11月中旬頃から蜂屋柿を収穫して1個ずつ 丁寧に皮をむき、軒下に干す光景は冬の訪れを 思わせる風物詩。太陽の光をいっぱい詰め込んだ 「あんぽ柿」はビタミン・カルシウム・食物繊維が 豊富に含まれています。万葉集にも詠まれた 「あんぽ柿」冬の味覚として、福島の「あんぽ柿」を ご賞味ください。

 

 

まるで羊羹のようなねっとりしたあんぽ柿(干柿)

 

 

 

◆名前の由来◆

「あんぽ柿」名前の由来は、皮をむいた柿を天日に干すことから「天干柿(あまぼしがき)」 と呼ばれ、それが明治時代に「あんぽ柿」と呼ばれるようになった。渋い柿を干すことで 甘くなることを意味する「甘干柿(あまぼしがき)」を転じて「あんぽ柿」となったとも言われ ています。

 

 

そこで みなさん!

『あんぽ柿』を

ご自分で作ってみませんか?

 

干し柿作りは、意外に簡単です。当店では、あんぽ柿発祥の地 福島で使われる蜂屋柿(渋柿)を販売しております。子供の頃、食べた懐かしい古里の味を再現してみてはいかがですか?
もちろん焼酎で渋抜きしても、そのまま放置して熟し柿で食べてもおいしく召し上がれます。

 

あんぽ柿の原料柿「蜂屋柿(渋柿)」の

ご提供です。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

蜂屋柿 渋柿

 

 

商品、発送にについて
○予約販売です。商品は11月中旬~11月下旬の発送予定です。
○収穫でき次第順次発送となりますので、お届け日の指定はできません。
○沖縄県、一部離島については別途送料がかかります。

 

 

 

注意:本年度の蜂屋柿の販売について
 

25年度より一部地域において、あんぽ柿(干柿)の製造が再開され、個別検査により安全性を確認されたあんぽ柿(干柿)を出荷しております。 あんぽ柿(干柿)に加工した場合、柿の実を乾燥させるため水分量が減り、 セシウムの濃度が3、4倍程度に濃縮させる可能性がある為の措置となって おります。


生の蜂屋柿自体は基準値以下で食品衛生法に基づく規制の対象となっておりませんので 生の蜂屋柿の販売は可能です。しかし、ご家庭では干柿に加工した状態で個別に検査できません。この為、当店ではあんぽ柿(干柿)用として蜂屋柿の販売を自粛しております。 干柿作りを楽しみにていたお客様には大変申し訳ございませんが御理解願います。

 

なお、干柿用の蜂屋柿販売自粛の件をご理解頂いた方で、熟し柿や渋抜き柿用にご購入をご希望される方には販売可能です。

 

ご予約販売は下記のページから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://idumiya-net.com/product-category/hachiya-kaki-dashibu/

 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

ご購入の前に本ページの
「ご購入時のご注意」を
お読み下さい。
蜂屋柿は別なページで販売しております。

 

 



季節のおすすめ商品

当店厳選の一品